昨今の新型コロナウィルスの感染拡大のなか、来週17()19()に迫りました大黒摩季のライブ・ツアー札幌公演、旭川公演の開催にあたり、大黒摩季本人は元よりスタッフ一同で開催の是非を、出来る限りのリサーチとお客様方々へのアンケートや頂きましたご意見と共に、政府の指針・方針含め熟慮の末、両公演とも予定通り開催することといたしました。

 

もちろん大黒摩季をはじめスタッフ全員北海道地区における感染拡大の状況は十分に把握しており、様々なところから情報収集してまいりましたが、何よりも警戒ステージ3という感染状況の中、行政の一つの指針であるその内容が「社会経済活動を考慮しながら徹底した感染防止対策を講じ、感染拡大の抑え込みを図る重要なステージ」であり、

 

政府の基本目標としても、

十分に制御可能なレベルに感染拡大を抑制するとともに、死亡者・重症者数を最少化

迅速かつ効果的に感染拡大防止対策を講じ、感染レベルをなるべく早期に減少 以上を通じて感染拡大防止と社会経済活動の両立を目指す

ということを受け、この警戒ステージ3は既に東京都の指針を踏まえたうえ、更には政府にツアー施行申請をしてクリアした上でスタートさせたものであり、変容させた行動の上にたち徹底した感染防止対策を施してきたことを自他共に再確認できましたことから、開催の決定と致しました。


何度かプレスリリースにてお伝えして来ましたように、我々は今回の全国ツアーを企画した際に、このコロナ禍でどれだけ確実に感染の危険を回避するための対策を打てるかを念頭に、感染症対策の専門家に監修を依頼し、全権を委ねスタッフ・キャストを交えた勉強会とディスカッションを重ね、それを元に独自のツアー感染防止対策ガイダンスを作成、全員が確実に理解した上で臨んでいます。


まずは、

・アーティスト、全メンバー、全スタッフのツアー期間中毎日の体調報告と管理

・関係者の入館時にはマスク着用や消毒、検温を行う

・楽屋スペースを他から遮断し、入館の際には靴裏の消毒やスーツケース等の持ち込み禁止、手荷物は必ずビニール袋に収納

・外でしていたマスクはビニール袋に収納し新たなマスクを5枚支給、外す度に交換しコロナゴミとして二重のゴミ袋へ廃棄、集荷され処分する

・全ての楽器・機材・ステージパンチなどは仕込み・解体の際に綿密に消毒

・キャスト以外のスタッフはマスク・ゴーグル・フェイスシールド・手袋の義務化

・トイレや洗面所には持ち回りの消毒用アルコール液で使用者が前後に消毒

など、専任の感染対策チームがツアーに同行し、徹底した管理を行ってきております。

同時に、大黒摩季含めたアーティスト周りのメンバー・スタッフは、全員全箇所同じチームのみで行動し、大黒摩季と同行スタッフは毎回ツアーに出発する前日に、他スタッフ・メンバーでも最長2週間おきにPCR検査を受け、常に全員が陰性を確認した上で行動しております。そして、検査を受けていない人や陰性結果の不明確な人は楽屋スペースには入れないようになっております。

 

お客様にも大変ご足労をおかけしておりますが、通常の対策は基本的にお願いし、加えて靴の消毒マットをお通り頂き、非接触体温計計にて37度を超えた方には指定場所で一定時間ご休憩いただき、専門スタッフの再度の検温でも37度を超えた場合には、苦渋ながら入場をお断りしております。そして、お手数ながら入場の際には時間差入退場、連絡先、問診票の確認や電子チケットのみの販売 (札幌公演以降は、防止対策の確認も取れたので紙チケットも販売) などいくつものチェック項目を設けさせていただいております。また、お客様全員にロゴ入りフェイスシールドを無料配布し、観賞時にも不安がないよう取り計らっています。

 

こうした積み重ねと、アーティスト、スタッフ一同の意識の高さもあり、これまでに8本のライブを終えましたが、本番後は元より終了後2週間してからも、アーティスト、メンバー、スタッフ、お客様からの感染報告は受けておりません。

 

そして、何よりもこのツアーをスタートさせたからこそわかった「不自由な中でもきちんと勉強、規律を守ることで自由が生まれる」ということ。それは新たな発見だと思います。そのスタンスはブレずにポジティブな行動変容を見出し、社会にフィードバックして行きたいと願っております。

 

今後、政府や行政から非常事態宣言や自粛要請が出れば、それに準じて公演の延期および中止は視野にいれております。今は、大黒摩季と共に現状をきちんと理解・把握した上で行動していけば、まだまだこのエンターテインメント業界にもやれること、やるべきことはたくさんあると信じて、大黒チームは邁進して行きます。

 

今回の開催決定にあたり行った情報収集でも、札幌のメディアや全国の音楽関係者からも「大黒チームは、どこよりも徹底した対策をしているのだから、音楽の芽を摘まないためにもこの時点で中止すべきではない!」という声を多数いただきました。

我々もそう思います。そして、音楽ファンである皆様とともに、コロナを勉強し、真のコロナ対策を理解して、この“with コロナの時代に楽しめるエンターテインメントを提供していきたいと考えています。

 

2020.11.15  大黒摩季スタッフ一同



< 大黒摩季メッセージ >


北海道の皆様

全国の大黒摩季FANの皆様へ


ツアー再開とアルバムレコーディング佳境にて、ご無沙汰しておりましたが、その後、皆様お元気でお過ごしでしょうか?


依然として不安おさまらぬコロナ禍で、心と暮らしを縮めながら何とか踏ん張ってらっしゃるとお察し致します。そして感染された方に於きましては、ウィルスの被害者でありながら心無い中傷や社会からの干渉で、どれほどの痛みを伴うものかと思うだけで胸が苦しくなります。


誰もが耐え忍び、その中で「 今、何ができるのか 」を自らに問い、「 でも、このままでよいのか 」と悩みながら暮らしておられると思います。


私もその一人です。故に、今回のHOME北海道公演についても、いち早く北海道入りし、現地での確かな情報収集と共にあらゆる観点から熟考し熟慮の上、

11/17(火)札幌文化芸術劇場hitaru、及び11/19(木)旭川市民文化会館での公演は、大黒摩季並びに大黒組スタッフ・バンドメンバー・キャスト共に公演を敢行することに致しました。


その理由と致しましてはまず、私達が今ツアーを始めるにあたっての覚悟と、使命にも似た、大黒摩季を長年生かしてくださった「 社会・エンターテイメント業界への恩返し 」、エンターテイナーとして自らの保身により「 お客様の選択肢を奪ってはいけない 」という思い、「 withコロナ 」として生きること。この三点を胸に決心したことに改めて立ち返り、これからを思えば同じく、新しい生活様式を与えられるガイドラインだけではなく自分自身も見つけ挑むことが、未来を変えて行く秘訣だと、今こそ必要な発想だと確信したからです。


今の北海道が直面している感染者増加状況、国や自治体の様々な方策・方針の交錯により煽られる不安感は、かつて東京が約半年前に経験したことであり、その時も同じ観点で深く躊躇致しました。


当時は不穏・不安の中で人を集めるべきではない、という私と、不安で心が委縮し自律神経を失調すれば体力はもとより免疫力が下がるもので、音楽が成す根本的な『 心の解放 』がむしろ急務だと思う私との狭間で、どれほどの時間悩み続けたことか。


その後、国民の暮らしと経済を守るのも国の仕事であると、政府は当時の逆風覚悟で未知の海原へと漕ぎ出したのです。私達の音楽業界もまたwithコロナとして生きるもの、全リスク回避を選ぶものと二手に分かれました、


そこで私は、私たちは、自らの危険如何よりもエナジーを届け、お客様の願う楽しむ力・この逆境を生き抜く英気を守り立て、経済&エンタメを生かすためのスタートラインを引くべく、お国のガイドラインに更なる感染防止対策のスペシャリストにレクチャーと教育を受け、同行して貰い、今出来る対策のすべてを搭載すること、私もメンバーもスタッフ全員を固定のチームとして私は各公演前、皆はガイドラインより短い2週間のスパンでPCR検査を義務化し、決して舞台側からウィルスを飛沫しないというポリシーをもち合い、火の中へ飛び込み生き返る度にパワーアップする火の鳥PHOENIX となって、この使命を果たすと誓い合い、かつてより強固な大黒組として、ツアーをスタートさせました。


ですので、まだまだ感染者は増えるかもしれません、世界中が総力をあげた研究の躍進によりワクチンの背中が見えながらも全ての人々のもとに届くには時間がかかることでしょうし、その間怯えてじっとしているだけでは、誰もが持続という筋トレのような日々に疲れ果て、社会も衰退するばかりだと私はそこに一層恐怖を抱いています。


ただ、自分が始めるか誰が先にやるかと様子を見合う、それ自体がこの足踏み生活なのだと思うから、最早失うものもない、例えばもし “ 万が一 ” があったとしても巻き込んでしまう家族や恋人もいない今の私が行くべきだと、決心した日のことは一生忘れません。


故に、大黒摩季および大黒組は、私たちの選択と堀エリカ先生ほか感染防止対策チームと実践する自分たちに誇りと次世代へ良いマニュアルを継承するという責務を担う覚悟をしてスタートしたその魂のまま、私の愛しいHOME北海道に、むしろこの最高峰の感染防止対策マニュアルをご指南するつもりで、お客様が望まれたった一人でも公演を行う所存です。 


I wanna be your PHOENIX.


無邪気な笑顔を あなたを守りたい


I will be your PHOENIX.


その為ならば 火の中だって怖くない


何度でも生まれ変わる


I ‘m your PHOENIX.



大黒組、私たち全員が既に「 PHOENIX 」なのです。


PHOENIX隊がやるべき使命は、音楽によってコロナに負けないハートにしてさしあげること、その英気と強い意志で快活に生き抜きコロナを追い越してもらうこと、元気な人が経済と笑顔を守り立て、母を含め重篤化に怯える方々を社会をあげてお支えする人たちへの理解と包容するピュアな発想を波及することだと、HOME札幌にいち早く戻り、街や道内の空気を全身で感じ、再確認致しました。


よって、女に二言はありません。今後も私が感染しない限りは続行致します。

そして必ず完走します。私はコロナには負けたくない。


私達が切り開き全てをやりきって初めて新たな道が生まれ、その舗装した道を安心してお客様が通られ、後輩達をはじめエンターテイメント業界も動き出すそのきっかけになれたら本望です。


くれぐれもこの公演のPRをするつもりではございませんので、不安な方はどうか無理をなさらず払い戻しのお手続きの上、安心できる環境で私の楽曲と笑顔でお過ごしくださいね。


それでは、大黒摩季、全力で頑張ります!!!

道産子の長い冬を耐え忍び存分に夏を謳歌する持久力とタフさは私にも流れる血。感染防止対策を今一度みんなで学び、一緒にコロナを追いこして治めて、来年の夏は観光も産業も「 待った分だけ1000倍返しーーっ!!! 」です🔥


この度ばかりは、全国の皆様、誰一人として感染者を出さずあと6本完走出来ますよう、熱い応援をよろしくお願い致します♥


~ I’m your “ PHOENIX ” ~

2020/11/15     大黒摩季 in SAPPORO