いよいよ大黒摩季が動き出します!!
当初は、50th/50try(5050トライ)のスローガンの元、4月から年内一杯まで50本のアルバムツアーが予定されていましたが、新型コロナウィルス感染防止対策を重視し中止。しかし、この度その内容を一新した形で「MAKI OHGURO 2020 PHOENIX TOUR 〜 待たせた分だけ100倍返しーっっ!!!🔥〜」と題しヒット曲満載、このコロナ禍で毎月リリースし続けた連続配信シングルダイジェストをもって、観客に最大限のENERGYを届けるべく、炎の中から不死鳥として復活する火の鳥PHOENIX(フェニックス)となり北海道から九州までの主要都市14ヶ所を約二カ月で駆け巡ります!

 

感染拡大当初、自分のファンはもちろん、出演ミュージシャンやスタッフの安全確保が困難であること、また大黒摩季らしいライブを十分に届けられない環境を顧みて、誰よりも早く46月の全ツアー公演中止を発表した大黒摩季ですが、長引くコロナ禍の中で、ミュージシャンやスタッフの生活を守っていかなくてはならない、そして何よりも先の見えない不安の中、度重なる活動自粛の中で心が委縮し、ストレスを拡大させている人達に、アーティストとして限られた環境下でもエンターテインメントを、ポジティブなメッセージを届けていくことこそが長き戦いを生き抜くために重要だと考え、”withコロナ”を宣言し、ツアー開催発表に踏み切りました。

 

本ツアーは政府および開催地自治体の対処方針ならびに、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会、一般社団法人日本音楽事業者協会、一般社団法人日本音楽制作者連盟策定の「音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」に沿った対策を講じた公演となります。

 

ライブ自体については、こういう時期だからこそ、観客が楽しめる、来てよかった!と思える内容に作り上げます。東京オリンピックの開催を踏まえ制作して来たアルバムのリリースを中心に考えていたライブのプランを大幅に変更して、ストレスを受け止める!ありったけのエネルギーを届ける!をテーマに、誰もが知る大黒摩季のヒット曲を網羅した構成になります。これは『 私を生かしてくれた社会への恩返しです。』と、3月から6ヶ月連続で配信リリースして来た新曲の数々も披露しながら、誰もが盛り上がれるエンターテインメントなライブが展開されます。

 

そして、新型コロナウィルス感染拡大以降、音楽を始めとするエンターテインメントがネットを通して映像でしか楽しめない現状を打破し、もう一度、生の、リアルなライブを感じる喜びと、この時勢にのっとった新たな楽しみ方を提供していきます。

 


摩季さんからのメッセージはこちら


ツアー詳細/スケジュールはこちら